わたしはいい子。

アダルトチルドレンの30代独身女の雑記

お母さんが大好きが崩れる 〜守ってくれない〜

お母さんが好き。

その気持ちは、困ったことに今でも変らない。でも、今私の中である好きは「情」である。

 

母は、私の自尊心を守ってくれることはなかったのだ。私の自尊心傷つけても、それよりも守るものは「体裁」だった。

 

両親がいる。

子供がいる。

大企業に勤める夫がいる。

 

その体裁が1番彼女の中で大切なのだ。それは今も変わらない。(少しは変わっただろうが)

 

だから、生まれ直しをして変化した私がどんなアクションをするかには過敏になっている。母親には到底理解できない反応をするよう様に私はなった。

でも、

体裁を守るためには娘と絶縁はできない。

娘と連絡が取れない。

娘を勘当した。

娘ともう数年会っていない。

その様なシナリオは母の中ではあってはいけないのだ。

 

だから、私が逐一彼女に対する失言に怒りを表しても、彼女は自己の尊厳を守るために、絶対に私に謝る事はない。

だが怒りに対して、少し自分の発言を見直す。当たり障りない言葉を選んで使うようになった。

 

でも、それは当たり前なのだ。

子供であっても友達であっても、職場の人間関係であっても同じなのだ。失礼な事を言われると「それは失礼だよ。」と伝える。そして、自分の発言を反省し、改善する。

 

なのだが、母、そして父は、子供に対しては所有物であり、自分が扶養している生み出したものだから、何を言ってもいいと思っていた。

子供はそんな親の奴隷のようなものではない。

 

体裁を気にするため、父親が酔っ払って殴る蹴るをすると、母は止める。

だが、言葉の暴力に対しては体に見える傷が残らないので、止める事はなかった。

父も母も見ている方向は別だったが、子供の尊厳を搾取するような振る舞いや、言葉を放った。

 

その中で、私は「母は守ってくれない」と悟った事を思い出した。もし、母が私の尊厳を守るために、かばった事は一度もない。どれも体裁が悪くなるのがやっかいなので、守った。

だから、

ここは守ってくれなくて、

ここは守ってくれる、

その判断が曖昧であったので、どう行動すれば分からず混乱した。

でも、幼い私には母がジャッジする、価値観が絶対だった。

 

父は仕事帰りに飲んできて、子供に絡む事があった。悪酔いの時もあれば、ハイな時もある。

どっちも臭くて、嫌だった。悪酔いの時は、私ら姉妹の発言に対してイラっとすると「お父さんに対してなんていう言葉使いするんや!」と殴った。頭をゲンコツで叩かれたが、父の太くてゴツい手の骨が、私の脳天に強い衝撃を加える、痛い。そして、ぐわ〜んとして気持ち悪い。

1発なら母的にいいのだ。

でも何発も殴るといけないようだ。

何発も殴ると母は止めに入る。

だから、痛くても1発叩かれたり、殴られたりするのは、しつけで、虐待じゃないと私の価値観で理解していた。

 

父は夕食の時に小言が多い人だった。

私は左利きで箸がうまく持てなかった。

興味がないので、覚える努力もしなかった。

父は飽きずに何度も言った。

「お前は何度言っても、何もできひんやつや。」

「お前はアホや。」

「食べ物を粗末にするな!残すな!」

「食べ物は一生懸命誰かが作ったものやから、大事に食べんとあかんのや。残すな。」

「テレビをみるな!ながら食いをするな!」

「俺はお前らの為に頑張ってるんや。」

「誰のおかげでこうやって食べれてるの思ってんのや?」

毎日、飽きずに呪文のように夕食の団欒時に彼は言った。言わない日はあった。多分、何か会社で楽しいことがあった日や、政治の話をしたい時だったと思う。

 

今なら「食べてる時にする話か?うるさい。」って言えるが、そんな言葉を言っても自分が窮地に追い込まれるだけ。

言い返して、自分の意思を主張しても何もいい事などない。

 

だから、私は夕食の団欒が嫌いだった。

小さな時は絶望で静かにしていたんだろう。

段々と思春期に近づくにつれ、

父親の口マネをしておどけたり、急に話を変えたり、真正面からぶつからずとも喧嘩の売り方を変えたりした。

 

その時、母は何をしていたかというとだ、

「我関せず」を保った。

あー、またやってるわ、うるさいな。でも、まぁこの人にぶらさがってないと生活でしないしこのくらい我慢するか。

という心の声が今なら聞こえる。

 

父が悪酔いをして、エスカレートして何度も殴ったりすると「もう、やめときいや!」と止めた。

しかし、真っ暗闇でエアコンのない、ガレージに閉じ込めるのは体は傷つかないので、傍観していた。

 

父がいなくなり、母が私たち子供に友達感覚を求めるような時になると、「お父さんは将来の事心配して言ってくれてるから。でも、楽しくご飯食べてる時にぐじゃぐじゃと、うるさいよなぁ。」とも言った。

 

最後のフォローだけで、やっぱりお母さんはちゃんと見ててくれてるんだ。と思った。

何かあっても本当にやばい時はお母さんが守ってくれると思っていた。

 

でも、それが良くなかった。

それを今、ヒシヒシと感じる。