わたしはいい子。

アダルトチルドレンの30代独身女の雑記

漫☆画太郎のスタンプを送るとキレるモラハラ彼氏

今日は、モラハラ元彼氏のエピソードです。

少し内容軽め。

 

彼と出会った時から、LINEがメッセージ交換の主流になっていた。

 

私は少年ジャンプ黄金期に青春を過ごしたので、るろうに剣心やJOJOの奇妙な冒険が今でも好きだ。ただ和月さんのした事は許せない。

 

そんな私が気に入ってるスタンプがある、漫☆画太郎先生のババアのスタンプだ。

 

小さな頃、どれだけ漫☆画太郎で笑ったか覚えていないくらいに面白かった。子供の好きな要素が沢山詰まったギャグ漫画。

 

彼となんとなく気心知れてきて、なんどか彼は噴火を起こしているが、まだ精神的に追い詰められていない時に、LINEでふと漫☆画太郎先生のスタンプを文末に添えて送った。

 

お風呂でも入ろうと思った時に、彼から着信があった。急にどうしたんだろう。何かあったのだろうかと、電話にでると開口1番にこう言われた

「さっきのスタンプなに⁉︎」

 

…何って、面白いかなぁと思って送ったスタンプだった。特に怒っていたり悲しい感情表現のない波風たたない内容の。

 

「お前、女やろ⁉︎こんなスタンプ送るなよ、気持ち悪い!ふざけてんのか⁉︎俺に悪意でもあんのかって聞いてんねん!」

 

え…、一瞬何で怒っているか分からなかったが、スタンプの絵柄が女の子らしくなくて傷ついたようだった。

 

「ご、ごめん、びっくりさせちゃって。」

「引くわ。女がこんなスタンプ使うとかあり得へんで。」

 

「次から気をつけるね、因みにJOJOはいいの?」

「JOJOはいいけど、北斗の拳はあかんから。」

 

…何の判断基準か分からないけれど、彼の中の女性像なるものがあって、それは漫☆画太郎と北斗の拳は女の子の使うものではないらしい。

 

それにしても、怒られるとは思わなかった。

私は彼と付き合ってる間、友達とも疎遠になったので、大好きな漫☆画太郎とJOJOのスタンプは削除した。

 

その代わり、彼が怒らなそうな可愛らしい女の子のスタンプをいつくかダウンロードした。

これだけの事で波風たたなければいいから、私が譲ればいいだけの事だから。

 

自分が選んで好きなものを捨てるくらいに、私は彼氏に依存し出していた。