わたしはいい子。

アダルトチルドレンの30代独身女の雑記

意外と怖くなかった。PMSでピル飲んで4年経ちます。

2014年に月経困難症治療薬・ヤーズで血栓症による3つの死亡例がありました。
ひとつは、20代女性で、頭蓋内静脈洞血栓症で処方13日後に死亡。
ふたつめは、10代後半女性で、肺塞栓症で処方526日後に死亡。
みっつめは、40歳代女性で、肺塞栓症・下肢深部静脈血栓症で死亡。
怖いですよね…。

でも私はヤーズ・そしてヤーズフレックスをもうかれこれ4年服用しています。
ケミカルなお薬には副作用はつきものです。効果があるものに関しては特に大きな副作用がある可能性もあります。
QOLを取るか、リスクを取るか、お金をとるか、美容をとるか…。。。このあたりが個々のライフスタイルや価値観が大いに関係してくるかと思います。

メリット・デメリット・私の場合になりますが、現れた症状や改善された症状を綴ります。
是非参考にしてみてください。

服用目的は様々

避妊は100%防げますが、避妊目的だけじゃないです。子宮内膜症・PMSと子宮系の個々の差がある症状を軽減してくれます。

今では社会で活躍している女性が多いので、アメリカではピルの服用は当たり前だとか。もちろん、避妊目的以外なら日本でも保険適用になります。

服用できる人・できない人

やはり血栓症が1番のリスクになります。
ですのでBMI30以上の方・喫煙されている方は血液検査、体重測定、血圧測定で他の治療を案内されることも。

あとは、年齢です、年齢が上がるとどうしても血圧が高くなり、血栓のリスクが増えます。(30代後半~40代くらいでしょうか)

29歳から体調の変化が酷い

私の場合ですが、10代・20代前半の頃は眠気・食欲増進・量が多くて服につくとかが月経1週間前におきました。特に社会人になってからの眠気との闘いは辛かった…。

しかし、30代が近づくにつれ、半月ほど腰がだるい、眠い、鬱々する、など、生理中は頭痛など。月の半分が体調不良でした。

これは本当につらい。

怖いけど、服用してみる!

めーっちゃめちゃ怖かったのですが、子宮内膜症の友人が「トリキュラー」を服用していて、すごく楽になったというのを聞いて、婦人科に足を運びました。

ピルの死亡例もさながら、うら若き(?)私には婦人科自体が怖かったのです。心拍数200くらいで、婦人科に行きました…!(因みにそれまで、怖くて、子宮頸がんの検査もした事なりでございました。)

問診で色々お話して、結構メンタルにくるんやね~という事で、ここでも抗不安剤など出せるけど、心療内科に通っているから、そちらで相談して調節してくださいとの事。

体重測定・血圧測定・血液検査をして、その日にヤーズを処方してもらいました。

とにかく1錠目を服用する時が怖かった…。

そして、3日くらいは気分が悪すぎて、吐きそうになりました。

私の通っている婦人科の先生は割と優しいので、電話でこんな症状でしんどいと言うと、直接先生が電話で病院に来るか、大丈夫か、様子見か、相談に答えてくれました。それも安心でした。

メリット

  1. 生理痛がほぼない
  2. 月経量が少ない
  3. 腰のだるさがない
  4. 肌めっちゃきれくなる(悩まされていた背中にきび一瞬で消える・顔もツルツル)
  5. 生理前の眠気が死ぬほどまし
  6. 生理前のイライラが少なくなる
  7. 生理が3か月に1回になる(ヤーズフレックスの場合)
  8. QOLが上がる
  9. ナプキンの購入量が劇的に減る
  10. 婦人科に抵抗がなくなり、乳がんや子宮頸がんの検査も積極的に受ける

デメリット

  1. 薬を毎日飲まないといけない、飲み忘れしそうになる
  2. 高い!3か月に1回1万円かかる
  3. ピル飲んでるというと「えっ!?」てなられる
  4. やっぱり血栓は心配
  5. 時々、不正出血で悩む

4年服用して結果どうか?

途中新薬、ヤーズフレックスに変更しましたが、服用してよかったなあと思います。

私は血栓のリスクを承知で、お金でQOLを買いました。私自身はその選択でよかったなと思っています。32歳あたりから血圧が高めになってきて心配になりましたが、喫煙もしてないので、大丈夫!との事でした。

念のためにお財布にはヤーズを服用していますカードを処方箋でくれるので携帯しています。

太ったりするとも聞いたことがありますが、私は特にそれはないです。ただ仕事が忙しかったりして、3日飲み忘れに気づいたらパニックになったりはしました。

ピル以外のPMS改善方法「ミレーナ」

もうすぐアラフォーなので少し検討中です。IUDという種類のです。

子宮内に入れ混む5年間継続して使えるコスパ最高な方法です。
保険適用で15,000円前後なので、ピルと比較すると格段に違いますよね…。考えたくない。
デメリットとしては、中に埋め込んだあと1か月くらい、下腹部の鈍痛が起こるそうです。あとは、PMSの症状が重度の場合は低用量ピルより効果が薄いと言われています。

うーん、一長一短ですね。