わたしはいい子。

アダルトチルドレンの30代独身女の雑記

心愛ちゃん、ごめんね、辛かったね。助けたかった。

家族間の殺人事件が多すぎる今日この頃

私は本当に涙を流すことがないのですが、昨日、千葉県野田市 10歳の女の子ミアちゃんが、虐待で死んでしまい、かぼそい声で出した「助けて」のメッセージの手紙を見て涙しました。闇の子供たちの読後、大阪市であった二児のネグレクト虐待死事件、東京の目黒区であった虐待死事件。

何で私は何もできないんだろう、何もできない。って悔しくて泣きました。

色々考えても、記事を読み漁って、考える事しかできなくて、でも、今はタレントさんや色んな著名人の方々がこどもの虐待をなくす活動をしています。

私も何かしたいです。でも、それって自己満足なのかな、自己投影なのかな…

色々考えます。

目黒区で虐待死した5歳のユアちゃんは、まだ未就学児の5歳なのに反省文を書かされたのもとても辛かったです。

「ママ もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりももっとあしたはできるようにするから もうおねがいゆるして ゆるしてください」

何も悪くないよ。

ユアちゃんはきっと、お母さんとお父さんがきっとかしこくしていたら優しくしてくれて、お母さんの愛に触れあえる日を希望に反省文を書いて、まだ5歳なのに死亡しました。

 

文面の内容

今回の殺人事件の被害者である、ミアちゃんの学校のいじめに関するアンケートとして配布されました。そのプリントの自由欄に彼女はこう書きました。

「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたり たたかれたりされています。先生、どうにかできませんか」

きっと怖いけれど、辛くて、勇気を出して書いたんだと思います。すごく頑張ったのに。

それからミアちゃんは一時保護されて、その先生の聞き取りされた日、2017年11月7日に一時保護されて、2017年12月27日に解除されて、自宅に戻りました。

 

何故学校で書いた秘密を守るプリントが加害者の手に?

2018年1月15日に、市教育委員会の方が、担任の書き込みを消してアンケートのコピーを渡してしておしまいます。ミアちゃんを殺した男の大声や、恐喝が怖く精神的に耐えれなかったからだそうです。ミアちゃんはその日、男から虐待されてどれだけ傷ついたのでしょうか。どれだけ痛くて、男の大声が恐ろしく、心が傷つき、悲しかったのでしょうか。

それから同内容のアンケートが2回あったけれど、ミアちゃんは助けを求める事はありませんでした。

また男にばちぼこにされると思ったら何も信用できないでしょう。

誰が悪いか論争は日本人全員悪いし、日本人全員悪くない。でもこの事件は一生わすれるなっておもう

SNSやニュースなどで、大きく取り上げられています。鮮度の高い共感性の持てるトピックなので、いいネタですよね。

誰が悪いかというと、まず根本となるロジックが破綻していて、今となってはアンフェアな多数決で物事を進めている事が、まずおかしいです。

それを考えると、「かわいそうに。ダメな親と機関ね!」といいながら、年金なんてもらってんじゃねーよ。って高齢者の方々には感じます。

お前ら月にさっぴかれてた額3千円くらいなのに、私は関係ないけど今は虐待多すぎるわ。とか言ってんじゃねえよ。今から姥捨て山でも作る?って思います。

お金の循環を良くしていかないといけないのに、今は国を人間の体に例えると全体に全く血がうまく行きわたってなくて、冷え性とか頭痛とか生理痛とか起きてるイメージです。

というとこから、点の話で論争しても、何も変わらないと思いました。

ここからは、虐待サバイバーである私の勝手な見解ですが、父親もきっとアダルトチルトレンで生きづらい毎日を奥さんと娘を下をいう位置づけにして、その人たちだけの前では上でいたかったんだろうと思います。そして、暴力というストレス発散方法があまりにもスカっとするからやめれずに、エスカレートしたんでしょう。

ミアちゃんは、お母さんがいるにも関わらず死にました。

そお母さんもアダルトチルトレンで生きづらく、夫との共依存の関係に陥っていて、抜け出すことができなくって、もう私が我慢していたらいい。たとえミアちゃんが殴られていても、それでも我慢していればいいという、精神的な辛さからの乖離状態になっていたのかもしれません。

ミアちゃんは自分が暴力を受ける前に目撃した、父親からお母さんへの面前DVがあまりも心に深い傷をつけたのでしょう。もしかしたらお母さんを守っていたのか、お母さんがあまりにもつらくミアちゃんをスケープゴートとして、差し出したのかもしれません。

報道規制のかかった北九州監禁殺人事件が日本では最もマインドコントロールの事件で驚愕であり恐ろしい出来事でした。でも家族・密室・孤立・虐待対象者が複数いた場合はいけにえをどちらにするかという荒んだサバイバルも起きえます。

改善策には震災レベルで取り組んで欲しい

「どうすればなくなるのか」「最近おおすぎる」とよく聞きますが、きっと今の国のシステムの見直しが必要なのでは、と思います。

震災はめちゃくちゃお金かけてすごい防止に積極的に取り組む姿勢で、虐待や家庭内殺人の問題にも取り組んで欲しいです。みんな少しづつ頑張るし、頑張るから、頑張って乗り越えよう!そんな気持ちじゃないと若年層の貧困は歯止めが利かないんだと思います。って池上彰さんの書籍に書いてました。

何故暴力をふるうのか?

なんで暴力ふるうんだろう?誰が悪いとか何とかより仕組みが知りたくて、読みました。意外と減ってるんです。有史以来減り続けているんです暴力。(殺人・レイプ・戦争などなど)なんだか少し視野が狭くなっていたし、きっと目に触れないドラスティックな事件って沢山あったのだろうなと思いました。

メディアの操作であおられて、すこしドラマチックに世界をみていたのかな、と客観的になりました。

因みにドラマチックな見方をしてしまいがちだと気付いたのは「ファクトフルネス」という今ベストセラーのビジネス書を読んだので、俯瞰的に見ようと思いました。

 

でも私は、ミアちゃんはもし生きていたとしてもとても辛い毎日を送っていたと思えば、許すことはできません。病み垢なんかで死にたいとか、服用した薬とか書いてたのかな…。そんなの考えると絶対に許せません。ミアちゃんにかかわった大人・国・そして無力な自分。

悲観的になって嘆く事も必要だし、私もミアちゃんの事でもユアちゃんの事でも嘆きました。それは俯瞰的な見方ではなく、私が虐待サバイバーだったから。

細かな傷つきや、悲しみで段々と感情が薄れていくのにも最近まで気づかなかったから。

 私はこの事件が世間が忘れてもずっと忘れません。そして、一人でも生きづらく生活している人を私は助けたいと改めて強く思いました。

そして、高齢者の方、ディスってしまって失礼しました!誰が悪いって答えが出ない論争です。

暴力の人類史 上

暴力の人類史 上

 

 

 

暴力の人類史 下

暴力の人類史 下

 

 

 

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • 作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作,関美和
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る