わたしはいい子。

アダルトチルドレンの30代独身女の雑記

機能不全家庭

アダルトチルドレン関連のエピソードを綴りました。

さいきん、モヤつくこと

姉に2人目の子供がうまれる。それは、おめでたいし、とても楽しみだ。 でも、姉は「どうだ!親孝行してやってんだろ!」と言ってはいないが、顔に書いているような振る舞いで、甥っ子には会いたいけれど、姉には会いたくない。親も姉も、私を「精神病」と親…

お母さんが大好きが崩れる 〜結婚相談所〜

婚活... しておりますか?みなさま。 私はアラサー(というかもう、アラフォーに近い)なので、めっちゃしました。 そして、引いたのがモラ男…。モラ男と別れた年齢が既に、30歳。 その時の私は結婚=しなきゃいけないものとういう認識でした。そして子供は当…

アダルトチルドレンが自分を取り戻す方法

私は最初はお母さんとお父さんが生きづらさの原因と思う事はありませんでした。 ① モラハラ彼氏の事で悩んでいる ② 自分も悪いところがあった ③ 自分の悪いところの原因は家族! ④ 段々と機能不全家庭を理解 上記のような経緯で、気づきました。 私の場合は…

お母さん大好きが崩れる〜1人暮らしの家に勝手に入る母〜

お母さん大好きが崩れていったのは、本当に去年の事だ。 心療内科の先生や、カウンセリングの先生に 「自分の人生を取り戻すように」 と言われ、色々試した。 境界性パーソナリティ障害の書籍を読むこと、 「怒る」を意識すること、 両親は本当に問題のない…

お母さんが大好きが崩れる 〜守ってくれない〜

お母さんが好き。 その気持ちは、困ったことに今でも変らない。でも、今私の中である好きは「情」である。 母は、私の自尊心を守ってくれることはなかったのだ。私の自尊心傷つけても、それよりも守るものは「体裁」だった。 両親がいる。 子供がいる。 大企…

親や大人の嘲笑が子供につける大きな傷

こんばんは。 遡って、小さな時の事を思い出しました。 去年、今年と思い出を反芻する事がおおこったのですが、私の魂は何によって傷つけられて殺されたのかな。 そう思って、相関図を描いてみました。 真ん中には私と私の特徴、エピソード。 両親・兄弟の特…

私は心身症である。心身症の症状が減ってきている現在。

私は大きなくくりでいうと。 昨日不全家庭育ち ↓ 考え方の偏り・自己肯定感のなさ(AC) ↓ 境界性パーソナリティ障害 ↓ 心身症で以下の疾患を持っています。 ・自律神経失調症もしくは適応障害 ・抑鬱 ・過敏性腸症候群(IBS) ・PMS ・パニック障害 ・慢性…

酔った父が嫌い

酔った父が小さな頃から嫌いだった。 法則が不規則で予想がつかない。 そういう所が「お酒に酔う」という事を知らない幼かった私には嫌だった。 明るく帰ってきて、つかまえられ、離して!といっても離してくれず、油ぎった肌と臭い息で顔を近づけてヒゲをじ…

初潮の生理痛の時に、体調不良を申し出たが嘘をついてると思った担任の先生のこと。

私は、小学校高学年の時少し病んでたと、今になると思う。 3歳から父の希望でピアノを習っていた。 だから今はとてもピアノが嫌いだ。小学校5年生になるとグループレッスンと個人レッスンがあった。 「もう辞めたい。」何度言っただろう。 母は辞めるのは直…

引きこもりは「子宮に戻りたい」気持ちだそう。

私は引きこもりにはなった事がない。 母は体裁を気にする人で、何が何でも学校に行かされた。 中学は小学校からのスライドだが、 私の友達は私立に行ってしまい、その子しか友達がいなかった私は1人だった。 今でこそアメトーーク!の「中学生の時行けてない…

心療内科の先生に勧められて読んだ本。

私が境界性パーソナリティ障害だというのは理解した。 だか、カウンセラーも心療内科医も口を揃えていう「それらは家庭環境が原因」がまったくしっくりこない。 「彼氏の事では人が変わったように、狂気じみて私は変でした。でも、それを支えてくれたのは家…

お父さんとお母さんが、人生の上手くいかない原因?違う違う!

このタイトルの件。最初は受け入れる事がまったくできなかった。 それは、夏の事だった。時系列がぐちゃぐちゃだが、まだ私がモラハラ彼氏と吹っ切れた時の事だ。 モラハラ彼氏の事をふっきれる日がやってきた。来ないと思っていたのに来た。 あんなに好きで…

お母さんに手作りのサンドイッチを作って「汚い」と言われた事

時は遡って、私が小学校1年生くらいの時の事だ。 ピーターラビットの絵本が家に沢山あった、その中でお気に入りの本があった。 うる覚えだが、フィッシャーどんがおもてなしを頑張るお話で、蝶々のサンドイッチを作って、みんなで楽しく食べるお話だ。 純粋…

お父さんとお母さんの呪いの言葉

「お前は本当に何をやらしてもでけへんな。」 「お前はホンマに金のかかる子供やわ。」 「あんたは赤ちゃんの時に、もうこれでもか!というくらい泣いて泣いて…これが私の妹なら殺してたかもしれないよ。」 「え、作ったん?そんなまずそうな、手でこねくり…

始めてみる。

はじめまして、アメと申します。 私は機能不全家庭で育った30代の独身女です。「きみはいい子」みたいなタイトルをつけました。 ガリガリになるまで放置された虐待でもなければ、 身体中があざだらけになる様な身体的な虐待も、性的虐待も受けていません。 …