わたしはいい子。

アダルトチルドレンの30代独身女の雑記

人間関係

アダルトチルドレン特融の「生き辛さ」の中での最もな原因人間関係。辛かったり、楽しかったり。そんなエピソードを綴ります。

人間関係断捨離をした。

考え方が段々と変わると、怒りの感情が実感できるようになりました。 怒りが実感できると、今まで何も思わず仲良くしていた友達関係でさえ「なんなの、こいつ」って思うほど上から目線・押し付けがましい・自分の話ばかり・私を利用する目的しかない。などな…

年末の非日常感が逆に虚しい

タイトル通り、非日常な雰囲気は嫌いです。 なんだか、自分だけおいてけぼりくらったような、そんな気がするから。 若い面前でイチャイチャする恋人同士も、 ロハス系意識高めオシャレ家族も、 団地住まいのお爺ちゃんとお婆ちゃんが手を繋いで歩いてること…

苦労してきた糧

仕事が続きません。 何社渡り歩いただろう…?9社くらい。。。 私がやりましょうか?といって仕事を増やす。 競わされて上になりたくて100%の力で仕事する。 ストレスのはけ口にしてもよさそうな見た目。 どうにか自分か相手を変えられないかを常に考える。 …

歴代の恋愛の思い出が全然よいものでない。

こんにちは。 タイトルの通りなんです。 付き合った人も、付き合ってない人も。 本当に好きな人は大体みんなに分け隔てなく優しくて、博識でいい人なんですが、彼女がいたり、友達の元彼だったりしました。 遠慮したり、頑張って自分の気持ちを大切にしてみ…

数々のブラック企業であった深刻な珍事件&珍作法

「みんな◯◯してるんだから。」 という言葉が嫌いだ。 その言葉はホリエモンも書籍でも言っているが、終身雇用が保証された高度経済成長を支えた世代なら報われた事だろう。 今は終身雇用などない。 正規雇用枠も昔より少なく人が簡単に切れる。 自由はあるが…

パワハラ、モラハラ、何故か同世代の男性にばかりターゲットにされる私。

私は反抗期のなかった子供だった。 おそらく、子供ながらに諦めていたんだろう。 だから、人間関係においていつでも人に譲っていた。自分の意思を尊重する事が中々出来なかった。 そこに目をつける、人が必ず学校にも職場にもいた。「アメにならなにしてもい…